見に来てくださって、ありがとうございます!

【お散歩日記】2021.10.20

切り株の写真
Memo

体力づくりのために行っているお散歩の様子をしたためています。
※この日記には、カエルの画像が1枚入ってます。


今日は、昨日のどんよりとした天気が嘘のように爽やかな秋晴れとなりました。
風は少し激しい気がしますが…私の住んでいる地域では見慣れた光景です。

「外に繰り出したい!」と思いつつ、ここ2年くらいなかなか外に出られていませんでしたが…
今日は久々のお散歩に出かけてきました。
ちょっとした遊歩道のある散策ポイントです。

車を降りて、少し道路を進んで山の方へ向かってみます。
道を歩いている時に、空から何かが落ちてきました。
「落ち葉かな?」と思い通り過ぎようとしましたが、通り過ぎざまに見えたのは黄色と黒のしましま…

“ヤバいサイズのスズメバチ” でした。焦った…
トレッキング中も一番苦手なのは「ハチ」と「毛虫」なので、物凄くビックリしましたw

ハチの時期は終わった気がしていましたが、まだ要注意ですね。


森の写真

気を取り直して、道を進みます。

車の通る音、自分たちの話声と足跡
色々な音がしていましたが、中でも一番素敵だったのが「葉の揺れる音」でした。
私が山歩きの中で聞く音の中でも大好きな音の一つです。

今日は風が強めだったので音も大きめでしたが、昼間なので心地よい音です。
陽が落ちて暗くなってきた時に聞く葉の揺れる音は意外と怖いものですが、木漏れ日の差し込むような穏やかな風景を見ていると同じ強さの音でも随分と印象が変わって面白いなぁと感じます。

久々に聞いたということもあり、とても癒されてしまいました。


石畳の写真

道なりに進んでいたら、右手に沼のような場所を見つけました。
飛び石のようなものがあって気になったので行ってみます。

飛び石…苔…好き!!

写真を撮って遊んでいたら、沼の中にうごめく何かが・・・

カエルの写真

よくよく眺めてみるとカエルっぽいですw
擬態している生き物を見る度に、上手く同じ色に揃えられる技術を凄いなぁと思ってしまいます。

虫はあまり得意ではないですが…
その形に意味があるのだと思うと、つい色々知りたくなってしまいますね。

カエルエリアを通り過ぎて、山道に入っていきます。
山道と言えども、遊歩道のような感じです。
よく人が来るようで、通りがかった東屋でお話をしているおじいちゃんたちがいました。
とても楽し気ですw


石階段の写真

しばらく進んでいくと、長い石段にたどり着きました。
とても長い…運動不足で登れるかどうか…

この石階段は、とてもきれいに整備されているので歩きやすいです。


どんぐりの写真

歩きながら下を見てみると、秋らしくどんぐりがたくさん落ちています。
木の実を見ると「リスが来たらいいのに」と思ってしまいますが、出会うのはなかなかに至難の業のようで…
高速移動が得意な彼らにお目にかかることはできませんでした。残念。


羽の写真

リスの妄想をしながら石段を上がっていくと、左手に白いものが見えました。
よーく見てみると…「羽」
これは、事件の香りがします!!

と思いつつ、ただの抜け毛かもしれんと頭の片隅で冷静に想像します。
それにしても…とても綺麗な羽。この抜け毛は高級羽毛に違いないです。
思わず写真を撮ってしまいましたw

色々なものに目移りしながら石段を進みます。
鳥の声と風の音が素敵な道です。
運動不足がたたり…私は休憩が多めですが、相棒は息も切らさずにスイスイ登っていきます。
私と同じ運動不足のはずなんですが…この差は一体。


石階段200段目の写真

息を切らしながら、やっと「200段目」
まだまだあります。

この階段を登りきる頃には、私の煩悩も浄化されそうです。


乳酸を貯めこみながら、やっとゴール!
頂上では、おじいちゃんたちが談笑していました。

もしや…この階段を息も切らさずに上ったのでは…
このおじいちゃんたちは仙人に違いないです。強い、絶対。

適当な妄想をしながら歩くこと数分…
やっと登り切りました!
何の変哲もない看板が、妙に神々しく見えます。


藤棚の写真

近くにあった藤棚風の休憩スペースで一休み。
上を見上げて「木漏れ日が綺麗だなぁ」とか思いつつ、同時に「今これで毛虫とか降ってきたらどうしよう…」とか頭の片隅で考えながら息を整えます。
降ってきたら、その時は…その時考えましょう。うん。

本当はこの後もう少し進む予定でしたが、水筒を忘れてきたのと私の体力が限界だったので今日はここまで。
道なりに進んで帰ります。

久しぶりの山歩き。山でしたが山感少なかった気もするので半山歩きですかね。
とても楽しかったです!
ただ歩くだけで得られる情報量が多く、こもりきりだった日々に得られなかったものが一気に手に入ったような気分でした。

また歩きに来たら日記を書きます。
最後まで見て下さって、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。